NPO法人インターフェロン・ハーブ研究所

小島保彦博士自らが提唱する「健康は自然との調和と共生」をテーマに、自然免疫を中心にした啓発活動を行なっております。

*

HOME

Interferon Herb Laboratory

インターフェロンを世界で初めて発見した科学者の1人、
小島保彦医学博士の研究実績・成果を世に広め、
小島保彦博士自らが提唱する「健康は自然との調和と共生」をテーマに、
自然免疫を中心にした啓発活動を行なっております。

【目的】

この法人は、国民に対して、自然との共生の医学という観点から、主に自然免疫と疾病の予防に関する研究と
普及および人材の育成をはかることで、国民の健康と福祉に貢献することを目的とする。

研究所所長 プロフィール

Kojima yasuhiko.jpg
◆ 小島 保彦 (Yasuhiko Kojima)
◆ 医学博士
◆ ウィルス学専攻
◆ インターフェロン第一発見者として世界的に有名。
東京大学医学研究所研究部長を経て、
現在インターフェロン・ハーブ研究所所長。
※ 詳細はWikipediaをご覧ください。

■1950~1967年 東京大学 伝染病研究所(現 医科学研究所)第一ウィルス研究部
■1964年 東京大学大学院生物系 医学博士授与
■1967~1988年 北里研究所 研究部 ※1981年 研究部長・人事部兼務
■1988~1991年 山之内製薬株式会社 常務顧問
■現在 特定非営利活動法人 インターフェロン・ハーブ研究所 所長

インターフェロンの命名は、1957年にイギリスのアイザックスとリンデマンによって行われたが、それより3年前の1954年、長野泰一教授(指導者)と小島保彦(実験者)がウィルス感染の阻害作用を持つ可溶性因子について、最初の報告を行った。
この実績からインターフェロンの発見者として世界的にも認められ、権威として名高い。
また、漢方生薬のインターフェロン・インデューサーの発見も世界で最初となり、世界特許30編取得、インターフェロンに関する論文百数十編がある。
文部科学省の発表した「20世紀における科学技術の足跡」にて、各ノーベル賞受賞内容など共に称えられている。

20世紀における科学技術の足跡

公開日:
最終更新日:2015/08/21